スタッフブログ

村上春樹とボブ・デュラン

2016年10月27日 ひとりごと スタッフブログ

102716おはようございます!
10月27日(木)です。

晴れてます!
今朝も気持ちの良い陽気ですね。
(≧▽≦)

例の(?)ノーベル文学賞発表後に
メディアにマイクを向けられていた
「ハルキスト」の一人が

『世界の終りと
ハードボイルド・ワンダーランド』
(新潮社)

という作品の最後にもボブ・デュランの
唄が出てくる、と言っていました。

そうなんです。
(厳密には最後ではありませんが)
主人公が眠りに入るラストシーンで
『風に吹かれて』と『激しい雨』が
流れているんです。

そして、この作品だけでなく、更には
ボブ・デュランだけでなく、ロック
だけでなく、色々な音楽が登場して、
「小説にBGMが流れる」のも村上作品の
特徴の一つです。

そして、ソレが村上氏の世界観の表現に
なっているワケです。

同じように、桑田佳祐氏の作品にも
ジョン・レノンなど、影響を受けた人も
出てくれば、茅ヶ崎・江ノ島・ラチエン
通り・日影茶屋・大黒埠頭・キラー
ストリート(はアルバムのタイトルですが)
などのゆかりのある地名・店名を上手に
取り入れています。

押し付けがましくなく、さりげなく、
自分の世界観を発信していて、カッコイイ
ですよね!
(≧▽≦)

この手法、私たちもパクリたいところです。
σ( ̄▽ ̄;)

店舗がある方なら、お気に入りの音楽を
BGMにするとか、好きな小説を置いて
おくとかできると思いますし、(権利的な
課題は分かりませんが)商品名やキャッチ
コピーなんかに、そういうのをサラッと
取り入れることもできるかもしれません。

手っ取り早いところでは、ブログやSNSで
チョイチョイ取り上げることですかね?

やり方はともかく、そういう

「さりげなくてカッコイイ自己開示」

やっていきたいですね!
(≧▽≦)

本日もよろしくお願いします。
m(__)m

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。