スタッフブログ

チラシだったからダメだったのか!?

2016年10月21日 ひとりごと スタッフブログ

102116おはようございます!
10月21日(金)です。

スッキリ晴れてます!
やや肌寒いくらいですが、気持ちの
良い朝ですね。
(≧▽≦)

販促活動って、やっぱり大変ですよね。
手間・暇・お金が掛かりますからね。

なのに、せっかく取り組んだ販促活動で
「結果」が出ないと、挫けそうにも
なりますよね。
(>_<)

でも、取り組んだコトにムダはないのです。
そもそも「結果」って何、って話です。

例えば、手作りでチラシを作って、それを
手配りしたりポスティングしたにも関わらず
売り上げどころか問い合わせもなかったと
します。

この時、よくありがちなのは、「今時、
チラシじゃダメだ」「ポスティングなんて
効果ない」と判断してしまうコトです。

でも、ココでグッと耐えて、よぉーく考えて
ほしいのです。

「チラシ」という媒体がダメだったのでは
なく、チラシの掲載内容が心に引っ掛から
なかったのかもしれません。

問い合わせに誘導する導線がシッカリ作れて
いなかったのかもしれません。

「ポスティング」がダメなのではなく、
投函した相手が対象層ではなかったのかも
しれません。

あるいは、チラシを見て興味を持ったけど、
反応するまでには至らなかっただけかも
しれません。

と考えると、販促活動をやってみることで
見えてくる、次に繋がるポイントがたくさん
あって、それってつまりは「可能性」で、
言ってみれば「宝の山」みたいなモノでは
ありませんか??
( ̄▽ ̄)

で、そのポイントの見つけ方ですが、例えば
「周知させる」「問い合わせてもらう」
「リストを集める」など、目的を決めて、
それに対して目標何件など、数値目標も
決めておくことで、実施後の評価がしやすく
なりますよね!

大変だけど、大変なので、競合にとっても
避けて通りたいコトなのです。
やったモン勝ちです。

私は私で「失敗しない販促ステップ」を
研究し続けますよ!
(≧▽≦)

本日もよろしくお願いします。
m(__)m

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。