スタッフブログ

お客様は何処にいる!?

2016年09月09日 ひとりごと スタッフブログ

090916おはようございます!
9月9日(金)です。

重陽の節句ですね。
・・・が、新暦の9月9日は、まだまだギラギラの青空です。
( ̄▽ ̄;)

「販促をすれば売り上げが上がるのか!?」

と、単刀直入に「Yes or No」のみの質問をされたら、そりゃ「No」って答えざるを得ないでしょう。
(>_<)

そもそも「売り上げが発生する」というのがどういうコトなのかを整理する必要があります。
売り上げが発生するとは、お客様が「買うという行動をした」というコトで、「買うという行動」とは、レジでお金を払うとか、ネットショップで最後の「注文する」をクリックするとか、契約書にサインや捺印をするとか、そういうコトです。

つまり、「買うつもり」で、商品をカゴに入れてレジの前まで持って来ても、急に気が変わったり、急用が出来たりして商品を元の棚に戻したりしたら、売り上げは発生しません。
それ以前に、お店に来て商品を手に取らなければ、売り上げは発生しません。
もっと言えば、(当然ながら)お客様がお店に来なければ、売り上げは発生しません。

と、言うコトは、お客様がお店に来て商品を手に取ってカゴに入れてレジに並んで精算をする、という一連の行動があって、初めて売り上げが発生する、というコトになります。

「ワクワク系マーケティング実践会」を主宰する小阪裕司氏は、コレを「人にフォーカスする」と言っていますが、その一連の行動をさせるために、動機付けをするのが販促です。

お客様がお店に足を運ぶように、折り込みチラシ等で集客する。
来店したお客様が「その商品」を手に取るようにPOPを貼る。

などなど、1つ1つの行動のキッカケを創るのが販促です。
今、お客さが何処にいて、次に何処に行かせるのかを設計するのです。

例えば、そもそも知られていないのなら、ホームページやブログなどで知ってもらうための集客活動をする。
集客はできているのに売り上げに繋がらないのなら、「お試し」「体験」みたいな仕組みを創る、などなどです。

ココを消化せずに、売り手側の勝手な「効率化」だけに発想が偏ると、「Face book広告をやると売り上げが上がる」という幻影に憑りつかれてしまうワケです。

皆さまのお客様は今、何処にいるのでしょうか?

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。