スタッフブログ

スタイルの違い

2016年08月03日 ひとりごと スタッフブログ

080316おはようございます!
8月3日(水)です。

晴れたり曇ったりと、雲が速いスピードで流れていますね。
朝、横浜・川崎に大雨警報が出ていましたが、その後、どうなったのでしょうか?
1日中、降ったり止んだりの天気だそうです。
(>_<)

チョット分かりにくいかもしれませんが、弊社のデザイン業務は、原則的に「販促企画に則ったツール制作」に限定させていただいています。
(今のところ、「原則」の域を抜けきれないのですが・・・)

「結果にコミット」(笑)ではありませんが、販促企画の会社として、お客様の成果にフォーカスすると、弊社の様な乏しい生産力では「何でもやります」なんてコトを謳い文句にもしていられません。

様々なお客様の様々なニーズに対応できるだけのマンパワーなんてありませんし、これまでの経験からすると、お客様のご要望通りに作った販促ツールって、どうしても目的よりもお客様の好みに偏りがちで、その結果、中々、成果には繋がりにくい、という傾向があります。

こういう話をすると、中には
「お客様がソレで良いって言っているなら、結果なんて考えなくても良いのでは?」
というご意見をくださる方もいます。

ソレも一理あるのでしょうし、制作会社の場合、殆どがそのスタイルだと思います。
くれぐれも、他社の批判じゃありませんよ!
ソレはソレで、お客様の作ってほしいモノを作る、というニーズを満たしているのですから。

「スタイル」という言葉を使いましたが、どちらが良くてどちらが間違えている、という話ではなく、まさにスタイルの違いだと思います。

モノを売る商いの場合、目的は「モノ(商品)を売るコト」。
なので、売れるかどうかが全てなのです。
一方で、物語を売る商いの場合、目的は主人公であるお客様の夢を実現させるコトで、商品・サービスはそのために必要不可欠なツール、という位置付けです。

このイメージ、意外(?)と理解できる人とそうで無い人に分かれます。
日々の中の仕事の位置付けだって、人それぞれ違うのですから、前述の通り、どちらが正しくてどちらが間違えている、というコトではないのだと思います。
むしろ、どちらが楽しくて、どちらが「自分らしい」商売のスタイルなのか、という話なんだと思います。

皆さまは、どちらでしょうか?
(*^^*)

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。