スタッフブログ

七夕とイザナギ・イザナミ

2016年07月07日 ひとりごと スタッフブログ

070716おはようございます!
7月7日(木)です。

七夕ですね!
今はギラギラ日が照っていますが、この後、曇ってしまうとか・・・。
(ーー;)

私たちが知っている七夕というと、彦星様と織姫様ですね。
ギリシャ神話にも七夕の話があるのですが、話の内容が全然違うのです。

と、いうか、チョット謎で面白いんです。

主人公は、とても美しく琴を弾くオルフェウスという青年。
オルフェウスは、美しい妖精エウリュディケと出会い、恋に落ちるのですが、ある時、エウリュディケが毒蛇に噛まれて死んでしまいます。
絶望しても尚、諦めきれないオルフェイスは「あの世」に行き、数々の困難を乗り越え、冥王に「エウリュディケを生き返らせてほしい」と懇願します。
オルフェイスの必死の願いに、冥王も最後は折れます。

「ただし、地上に着くまでに一度も振り返るな」

という条件付きで、ついに妻を取り返したオルフェイスですが、果たして、妻の手を握りしめたまま、振り返らず無事に地上に辿り着けるのか??

・・・という話ですが、何か聞き覚えありませんか?
( ̄▽ ̄;)

そうなんです。
イザナギ・イザナミの黄泉の国の話とまーったく同じなんです。

どちらが先なのかと言うと、やはりヨーロッパ→中東→アジアと伝わってきた、と考えるのが自然だそうですが、それにしても、ココまで同じ内容が残るのがスゴイと思いませんか?

それでいて、日本では、七夕とイザナギ・イザナミって・・・、繋がりませんよね!?

「だから、何」というオチもありませんが・・・。
( ̄▽ ̄;)

本日もよろしくお願いします。
m(__)m

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。