スタッフブログ

「家族のお腹が気になるママへ」的な

2016年04月25日 ひとりごと スタッフブログ

042516おはようございます!
4月25日(月)です。

今朝も晴れてます!
(≧▽≦)

先日、道を歩いている60代半ばくらいの女性に「お母さん!お母さん!」と繰り返し呼び掛けている人がいました。
私の勝手な推測では、あまり面識は無いけど比較的親しい身内の親御さん、という感じかな、という印象でした。

で、その呼ばれている女性はまーったく自分のコトとは認識せず、しばらく歩き続けた後、声を掛けている人が追い付いて、ようやく気が付いたようでした。

その時、聞こえてきた言葉。
「私のコトだとは思わなかった。」

販促で気を付けなければいけないのって、こういうコトなんですね。
私たち、とにかく「絞り込む」ってコトを嫌います。

自分たちの商品・サービスは、誰にでも買ってもらいたいし、誰にでも役に立つと信じています。
そりゃ、使えば誰にでも役に立つだろうけど、だからと言って誰もが欲しがるかと言えば、決してそんなコトはありません。

なのですが、どうしても情報発信の言葉は「みなさま」、もっと粗いと「どなたか」になったりしがちですね。
(ー。ー;)y~

「ペルソナ」なんて言葉、通じるところでは普通に一般化していますが、そうでないところの方が圧倒的に多い気がしています。

そんなコトを思っていた最中、たまたま観ていたテレビで流れていた「新ビオフェルミンs」のCM。

「家族のお腹が気になるママへ」

の一言。

そうそう。
こういうコトなんだと思います!
(≧▽≦)

ちなみに、同商品、ちょっと調べてみたら、他にも

「お腹のハリが気になるあなたへ」
「おなかがスッキリしたいあなたへ」
「まだまだ元気と思っているあなたへ」

など、いくつかバージョンがあるようです。

今週末からゴールデンウィークですね。

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。