スタッフブログ

地域資源がチャンスの種!

2016年04月05日 ひとりごと スタッフブログ

040516おはようございます!
4月5日(火)です。
霧雨ですね。

再び、やや寒い朝になりました。

「ごうどいち」や「ほどがや弁当」など、保土ヶ谷のまちづくりを推進しているほどがや 人・まち・文化振興会のスゴさを改めて感じています。

何がスゴイかというと、「HODOGAYA LINKS」というサブネームの通り、様々な地域資源を繋げて新しい価値を生み出しています。

同団体はそもそも、区内で活躍する各分野の市民活動団体が結集して出来上がった組織です。
それだけに人脈や蓄積されたノウハウはスゴイ!

一方で、各事業に対する想いも強いし、そもそもの活動が忙しい。
その状況の中で、柔軟に協調して新たに生まれた活動を推進して、新しい価値を生み出しているんです。
コレはナカナカです。

例えば、前述の「ごうどいち」や「ほどがや弁当」にしても、農家・商業者・行政などなど、立場が異なる様々な人との連絡・調整、それ以前に信頼関係の構築をシッカリしているからこそ、実現できるんです。

で、何が言いたいのかと言うと、この視点、私たちもドンドン採り入れるべきだな、と。

小規模事業者は、地域に密着して「顔が見える関係」を創るのが一番の強みだとします。

で、あれば、やはり地域資源を活用すべき。
商品自体に使う方法もあれば、ニュースレターなどのリソースに使う方法もありますよね。

地域資源って、歴史・名物・名産・名所・名物行事などなど、色々あると思いますが、まずは地域の「人財」と繋がることで、色々な可能性が見えてくるように思えます。

地域資源の活かし方、私ももっと、研究します!
(^^)v

本日もよろしくお願いします。
m(__)m

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。