スタッフブログ

ふとん屋さんが「爆睡屋さん」になる!

2016年03月28日 ひとりごと スタッフブログ

032816おはようございます!
3月28日(月)です。

雨、先ほどは微妙に降っていましたが、今、いかがでしょうか?
この後、荒れる予報でした。

愛知県岡崎市の中心市街地商店街から始まり全国に広がった「まちゼミ」。
そもそもは、商店街が以前からやっていた集客型の販促イベントでは各店の売り上げには繋がらないし、それどころか各店主が店を空けてイベントスタッフとして動かなければいけない、という悪循環から脱するためにスタートしたそうです。

狙いはお客様とのコミュニケーション。
基本的には各店ならではの専門知識を活かしたセミナーやワークショップをするそうですが、場合によっては業種とまーったく関係ない、店主の好みの講座を作っても良い、とのこと。

コレ、結構、今、私たちが採り入れるべき発想が含まれている気がします。

「モノを売る」という視点で業種を軸に考えると、セミナー(あるいは「教える」)と言う発想自体も出にくいかもしれませんし、「ウチは〇〇業だから」という理由で、どうしても壁ができてしまいがちです。

コレを「物語を売る」という視点でお客様を軸に考えると、どうなるでしょうか?

例えば寝具店。
従来であれば「ふとん屋さん」として、お客様に「モノ(商品)」として布団や枕やカバーを売るワケですが、「物語」として、お客様に「快眠」を提供し、健康で楽しい人生を創る「爆睡屋」になれば、寝具の他にヒーリング系のCDを売ったり、アロマオイルやお香なんかを扱ったって良い。
読むと眠くなる絵本や良く眠るためのノウハウDVD、あるいは寝具と直接関係なくても店主オススメの映画・CD・書籍なんかを扱っても良いと思います。

※くれぐれも、「ただ幅を広げる」という意味ではありません。

そういうコトで、その店ならでは「世界」が出来るし、お客様にとっては「なくてはならない存在」になるのだと思います!

いよいよ年度末ですね!
がんばっていきましょー!!
(≧▽≦)

本日もよろしくお願いします。
m(__)m

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。