スタッフブログ

できるコトを考える

2016年03月17日 ひとりごと スタッフブログ

031716おはようございます!
3月17日(木)です。

今朝も晴れてます!
横浜は18℃まで上がる予報です!!
(≧▽≦)

「保育園落ちた日本死ね」で、待機児童問題が改めて大注目されています。

コレ、色々なコトを象徴していませんか?

一応、予め書いておきます。
↑の件について「あーだこーだ」を述べたいのではありません。
そして、(今のところ)あくまでも個人的な意見です。

待機児童問題についても、何を持って「解決」になるのかは分かりませんが、まずは入り口として、問題に直面している人たちだけでなく、私たち一人一人が問題意識を持つべきなんだな、と思うワケです。
政府や行政に陳情するコトも大切な行動ではありますが、それ以外に考えられる方法はたくさんあるはず。

例えば、保育園を増やす方針であれば、そこで働く保育士さんを増やさなければいけません。
そのためには、働きやすい環境を創る必要があります。
その際、待遇は経営側の課題かもしれませんが、不要なクレームを出さないなど、預ける側(=親)だってやるべきこと、できることがあるように思います。

違う視点では、小さい子供を持つ親を雇う企業の対策。
保育スペースを確保する、子ども連れ出勤を認める、在宅業務にする、雇用体系を変える、など、「できることを模索する」コトはできると思います。

その他、物理的な制限は出てしまうかもしれませんが、親と同居、あるいは近所に住むとか、後は話が少しズレてしまいかもしれませんが、やはり「職住近接」は子育て以外の面でも目指すべき方向じゃないかなぁー、と思っています。

現時点で、直接的に子育て問題に関わっていない立場で勝手なコトを述べましたが、ご意見・ご指摘などあれば、よろしくお願いします。
m(__)m
 
気温、上がってきましたね!
(≧▽≦)

本日もよろしくお願いします!
(^^)v

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。