スタッフブログ

ありがちなNG販促

2016年01月25日 スタッフブログ 満福ビジネススタイル

ありがちなNG販促
「売上を増やしたい」
というのは、ビジネスをしている人ならば、誰でも思うコトです。

が、そこで思うコトは、「良い商品を創る」「チラシを配る」「ホームページを創る」「ブログを始める」などなど、断片的(=点)な販促活動です。
それでも実際に計画して実行すれば良い方で、「忙しい」「やり方が分からない」「予算が無い」と言って何もしない、というコトの方が圧倒的に多いようです。

今と違う結果を求めるのなら、今と違う行動が必要です。
今と違う行動をするためには、今と違う考え方が必要です。

まずは「やる」と覚悟をするのです。
そして、覚悟をしたら何をするのかをキチンと考えるのです。

「走りながら考える」という一見、響きの良い事を言う人がいますが、実際は企画を面倒くさがっているだけです。
それの何が悪いかと言うと、間違えを見落とししてしまう確率を高めてしまうのです。

ある飲食店では、ランチタイムのお客さんの減少が著しかったため、近所にポスティングをしました。
チラシ持参の方に約50%の割引というクーポン付きで。

結果としては、一時的にお客様が増えました。

・・・が、以上でした。

「一時的」を過ぎたりクーポン券を持たずに来る人はいませんでした。

何が良くなかったのでしょうか?

前述の文章を計算式にすると、

企画(目的)立案 × 行動 = 結果

とするとします。

この飲食店の場合、

・企画(目的)立案 → お客様を増やす
・行動 → クーポン付きチラシのポスティング
・結果 → クーポンの利用者が現れた
      (=クーポンがない限りは利用しない)

という計算式が成立したことになります。

店主の望みがそれであったのなら良いのですが、「お客様を増やす」と言っても求めていたのは違う結果だったはずです。
つまり、企画(目的)が曖昧なまま行動を取った結果が出た、ということになります。

では、カスマイズ販促ならばどのように対応できるか?

次回に続きます。

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 モノではなく<物語>を売る!
 集客・リピート・ファンづくり
 地域大好き!笑顔販促プランナー

 合資会社 笑う門
 山田浩和
 
 yamada@hesochiku.com
 横浜市保土ヶ谷区桜ヶ丘1-39-8
 https://www.warau-kado.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。