スタッフブログ

コンセプトデザイン

2015年12月25日 スタッフブログ 満福ビジネススタイル

コンセプトデザイン
前回書いた通り、弊社では【大戦略】×【小戦略】×【戦術】という形で販促企画を立案しています。

分かりにくいと思うので、いくつか例を。

【大戦略】集客 × 【小戦略】情報提供 × 【戦術】Webサイト

 =会社案内用Webサイト

【大戦略】リピート × 【小戦略】限定+イベント 【戦術】スタンプカード
 =〇〇〇をお買い上げのお客様限定!スタンプを△個集めて□□□をもらおう!

【大戦略】ファン × 【小戦略】招待 × 【戦術】メルマガ
 =お得意様限定メールマガジン

【大戦略】商品 × 【小戦略】体験+商品化 × 【戦術】フロントエンド商品
 =初来店者向け・新規取引先向け商品開発

【大戦略】シンボル × 【小戦略】民話・神話 × 【戦術】キャラクター
 =オリジナルキャラクター開発

という感じです。

なんとなく、分かるような・・・、というところでしょうか?

要するに、今、取り組むべき販促活動は集客なのかリピートなのか、というステージを【大戦略】で決めます。
次に、どのような分野の販促をするべきかを【小戦略】で決めます。
最後に、具体的に何をするのかを【戦術】で決めます。

このように、段階的に販促企画を組み立てることで、今やるべきことが分かりやすくなったり、自社・自店らしい販促の方法が見えやすくなります。

ただし!
前回も書いた通り、これだけでは「まだ」片手落ちです。

なぜならば、この【大戦略】【小戦略】【戦術】を組み立てるだけでは、どのお店でも同じことができてしまいます。
事実、世の中同じような販促活動を競合同士でやっています。
むしろ、「〇〇〇(競合)がやっているからウチもやらなければ」という横並び意識ばかりです。

ここで一歩、突き抜けて、他店他社でやっていないこと、自社・自店でなければできないオリジナルの販促を編み出しませんか?
そのために必要な事が「コンセプトデザイン」です。

弊社では、コンセプトを
・ミッション(目的)
・バリュー(価値)
・ターゲット(クライアントモデル)
・エリア(商圏)
・物語(世界観)
と定義し、これによって各社・各店の「オンリーワン」を導き出しています。

そして、その「オンリーワン」を活かした販促企画を立案します。

つまり、

【大戦略】×【小戦略】×【戦術】ではなく、

【コンセプト】×【大戦略】×【小戦略】×【戦術】

です。

コンセプトを創るコトは、まさしく自分の「世界」を創るコトです。

各項目については、次回以降!

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 モノではなく<物語>を売る!
 集客・リピート・ファンづくり
 地域大好き!笑顔販促プランナー

 合資会社 笑う門
 山田浩和
 
 yamada@hesochiku.com
 横浜市保土ヶ谷区桜ヶ丘1-39-8
 https://www.warau-kado.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。