スタッフブログ

販促戦術

2015年12月23日 スタッフブログ 満福ビジネススタイル

販促戦術
販促の仕事をしていると、やはり一番多いお問い合わせは「会社案内を作りたい」「名刺を作りたい」「リーフレットを作りたい」「ホームページを作りたい」というツール制作のご依頼です。
お問い合わせをいただいた際、お話を伺うと、それらのツールを「作るコト自体」が目的になっている場合がほとんどです。

お客様がソレで良いというのなら、ソレも良いかもしれませんし、普通の制作会社であれば、そのまま成約です。

では、何が問題なのか、と言えば・・・、

「効果」が期待できません。

全てのお客様がそうではありませんが、そういう場合、「何を発信するのか」「お客様のどんな行動を促すのか」「そもそもお客様は誰なのか」が想定されていない場合が多いのです。
なので、掲載内容が(ザックリ言えば)商品名と価格のみ、理念や社長からのメッセージでもあれば、まだ個性を出している方かもしれません。
それでは、商品・サービスを「モノ」として、ただ単に「売り込む」ためのツールになってしまうのです。
「物語」がありません。
物語がない販促ツールは、せっかくの理念や社長からのメッセージも「独りよがり」になってしまいがちです。

それらの販促ツールは「戦術」です。

戦に例えるなら、「槍で闘うのか」「刀で闘うのか」、って話です。
もちろん、槍も刀も大切なんです。
コレが無ければ闘えないし、コレがあることで大きな戦果に繋がります。

でも、コレらの戦術が生きてくるのは、優れた戦略(作戦)があってこそ。

戦略とは、つまり作戦。
例えば、背後からの攻撃を防ぐため、断崖絶壁を背に陣を構えた敵に対して、意表をついて断崖絶壁を駆け下りて奇襲を仕掛けること。
この作戦があるからこそ、槍や刀で闘う戦術が生きてくるのです。

ホームページや会社案内、リーフレットなどの販促ツールは鋭い槍であり良く斬れる刀です。

でも、その槍や刀を何のために使うのか、どのように使うのかで明暗がハッキリします。

では、販促活動でいう戦略とは?

次回に続きます。

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 モノではなく<物語>を売る!
 集客・リピート・ファンづくり
 地域大好き!笑顔販促プランナー

 合資会社 笑う門
 山田浩和
 
 yamada@hesochiku.com
 横浜市保土ヶ谷区桜ヶ丘1-39-8
 https://www.warau-kado.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。