スタッフブログ

主人公の成長を描く物語

2015年12月18日 スタッフブログ 満福ビジネススタイル

マズローの欲求の5段階説
アメリカの心理学者、アブラハム・マズロー氏が唱えた「欲求の5段階説」というものがあります。

【参照】マズローの「欲求の5段階」説
 https://www.warau-kado.com/blog/1409.html

人間の欲求は低次から高次に向かって幾つかの階層になっている、という考えです。
低次の欲求とは、生理的欲求や安全の欲求など。
そして、それらが満たされると帰属や承認を求めるようになり、最終的には自己実現、更には自己超越を求めるようになる、と説いています。

コレ、この数十年間の日本のマーケットの流れと合致しています。

終戦直後、日本にはモノがありませんでした。
みんなお腹を空かせていました。
衣食住が満たされていませんでした。

復興期、日本は目覚ましく進化を遂げました。
まさしく飛ぶ鳥を落とす勢い。
人々の生活が豊かになり、衣食住に困ることなく、その内、「より」豊かな生活を求め「より良いモノ」を欲するようになります。

そしてバブルの崩壊。
気が付けば身の回りにモノが溢れています。
物質的には豊かです。
でも、心が満たされない。

次に来たのはデフレと情報社会の到来です。
益々、モノ余りで価格競争の時代です。

そして現在。
多くの人が「いいね!」を求めてスマホでSNSに投稿します。
誰もが褒められたいし、認めてほしいのです。

そして、もう1つ。
多くの人が、自分のライフスタイル、自分らしい生き方を模索しています。

つまり、今、求められているのは「自己実現」や「自己超越」。
誰もが「成りたい自分」を探す冒険をしているワケです。

例えば、ビジネスを

「お客様の目標達成や目的実現に立ちはだかる問題を解決するコト」

と定義するとします。

お客様の現在はスタート地点、目標はゴールです。
ゴールは「成りたい自分」です。

私たちのビジネスは、お客様をゴールへ向かう冒険へ旅立たせるコト。
そして、その過程に立ちはだかる様々な問題をお客様と共に解決し、ゴールへ導くコトです。

まさに、主人公(お客様)の成長を描く物語です。

モノではなく物語を売るビジネススタイル。
次回は「満福ビジネススタイル」のお話です。

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 モノではなく<物語>を売る!
 集客・リピート・ファンづくり
 地域大好き!笑顔販促プランナー

 合資会社 笑う門
 山田浩和
 
 yamada@hesochiku.com
 横浜市保土ヶ谷区桜ヶ丘1-39-8
 https://www.warau-kado.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。