スタッフブログ

エピソードⅤ「修行」マーケティングミクスD笑顔販促④

2015年11月20日 スタッフブログ 笑顔販促

修行
厳しい修行も、ついに最終回です。

修行の後、あなたを待ち受けているのは「運命の対決」。
モンスターが潜む闇の森を抜け、迷宮に侵入し、「暗黒の王」と「最強のドラゴン」を倒し、姫に掛けられた魔法を解きます。

即ち、世の中に溢れている情報の洪水の中、あなただけのお客様に向かって情報を発信し、あなたの存在に気づいていただき、他のどんな商品・サービスでもなく、あなたならではの価値に興味・関心を持ってもらい、最大の難関である「新規の購入」、そして、あなたの価値に間違いがないことを知ってもらった上で「リピート購入」をしてもらいます。

最後の修行は、お客様の「行動」を設計する「購買モデルデザイン」です。

購買モデルデザイン

例えば、スーパーであれば、お客様はお店に来て品物をカゴに入れてレジで精算します。
ここまでの行動を経て、初めて売上が発生します。

違う言い方をすれば、ここまでの行動をしてくれないと、売上は発生しません。

まず、お店に来てくれなければ売り上げは発生しません。
お店に来ても、カゴに何も入れなければ売り上げは発生しません。

お客様の行動をもう少し細かく分析しましょう。

・お店に来ます
・かごを取ります
・商品の前で止まります
・商品を手に取ります
・商品をカゴに入れます
・次の商品に進みます
・商品を選び終えるとレジに並びます

これら全ての行動を経て、売上が発生しますが、これら全ての行動をしてくれるとは限りません。

そこで、各々の行動をする動機、きっかけをこちらから作ります。

まず、スーパーであれば、お店に来ていただくために新聞折り込みを入れます。
お得意さまであれば、ニュースレターで特売日を知らせたり、メルマガで日々のお買い得情報等を提供しても良いでしょう。
お店に来たお客様には、買ってほしい商品にPOPを出して、足を止め手に取ってもらうように仕掛けます。

このように、お客様の行動を細かく分析して、それらの行動をするように仕掛けていきます。
これは新規集客でもリピート化でも有効な対策です。

ただし、上記に例とした挙げた新聞折り込みもニュースレターもメルマガもPOPも、全てツールです。
道具です。「戦術」に過ぎません。
大切なのは、各々に何を掲載するか、です。
掲載内容によって、結果は天と地ほども変わってしまいます。
十分に意識しましょう。

いよいよ、魔宮へ向けて出発です。

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
オンリーワンのコンセプトデザインと
アイドマの法則に則った販促企画で
小さな起業家に笑顔が生まれるブランドづくり

新規集客&リピート化プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
横浜市保土ヶ谷区桜ヶ丘1-39-8
https://www.warau-kado.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。