スタッフブログ

笑顔はプラスの「気」と「波動」

2015年10月07日 スタッフブログ 笑顔販促

すまいるさん⑨

少々、怪しげに聞こえる恐れのある話(笑)です。
いわゆる「気」の話です。

空気・雰囲気・元気・病気・気合・気持ち・気まぐれ・気分・気が合う・景気・勇気・やる気・天気などなど、日本語には「気」が含まれる言葉がとてもたくさんあります。
そこから察すると、日本人はこの「気」の存在をとても大切に思ってきたのだろう、という考え方ができるそうです。

一方、いかにも東洋的な発想とも受け取れる「気」ですが、近年では科学的にも解明されつつある、とのことです。
「量子物理学」という分野だそうです。
「気」とはつまり、エネルギーのことで、あらゆる物も、そして人間も分解すると分子になり原子になります。
原子は、中心に陽子と中性子でできた原子核があり、その周りを数個の電子が回っている、という構造になっています。
そして、この電子が回るリズムが波動となり、様々な物や人と影響をし合うそうです。
つまり、「気」とは波動のことで、例えば「気が合う」というのは波動の長さ(波長)が合う人のことになります。
  
ここで注目したいのが、気、つまり波動が様々な物や人と影響し合う、ということです。
誰でも経験があると思いますが、元気な人に会うと、こちらも元気になった気がするし、反対に、元気がない人と話しているとこちらまで気分が暗くなることがあります。
これはつまり、その人の「気」が私たち自身に影響しているということです。
反対に言えば、私たちの気も周りの人たちに影響を与えているのです。

影響を与えられて嬉しくなるのは元気なプラスの気か、暗いマイナスの気なのかを考えればすぐに分かります。
なので、私たち事業者は常に笑顔でプラスの気を出し続けなければいけないのです。

今日の記事はいかがでしたか?

みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 オンリーワンのコンセプトデザインと
 アイドマの法則に則った販促企画で
 小さな起業家に笑顔が生まれるブランドづくり

 新規集客&リピート化プランナー
 合資会社 笑う門
 山田浩和
 yamada@hesochiku.com

 横浜市保土ヶ谷区桜ヶ丘1-39-8
 https://www.warau-kado.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。