スタッフブログ

笑顔の威力

2015年10月02日 スタッフブログ 笑顔販促

すまいるさん⑤

笑顔が心と体、共に良いことだらけなのはご存知の通りだとは思いますが、笑顔の効果について、改めて。

大笑いすると、がん細胞や体内に侵入するウイルスなど、体に悪影響を及ぼす物質を退治してくれる「NK(ナチュラルキラー)細胞」が活性化され、免疫力が高まり、がんや感染症にかかりにくくなるそうです。
映画にもなったアメリカのパッチアダムスドクターは、笑いが健康にもたらす好影響に着目し、現在も「クリニクラウン」という活動を世界中で展開しています。
    
更に、笑顔には美容効果もあるそうです。笑顔になると顔の筋肉も鍛えられ、若返りの効果があるのだとか。
表情がイキイキするのはもちろん、シワやシミの予防効果もあるそうです。
  
そして、何と言っても笑顔と言えば「心の栄養」。
そもそも笑顔の状態というのは、嬉しい・楽しい・ありがたいなど、プラスの感情を表す表情です。
プラスの感情の時というのは、エンドルフィンという脳内物質が分泌され「快感」の状態になります。
それによって呼吸がゆったりしリラックスした状態になります。
リラックスした状態なので、ストレスもありません。
α波も出て集中力も高まります。

そして何と、エンドルフィンが分泌されるのは、プラスの感情の時だけではないそうです。
「うそでも」「表情だけでも」笑顔になる、つまり口角を上げて目尻を下げるだけでも、脳が反応し、エンドルフィンが分泌されリラックス状態になれるそうです。

なので、辛い時、悲しい時でも笑顔になれば、マイナス感情のスパイラルに陥ることなく、気持ちが落ち着き、プラスの感情に切り替えられるのです。

ただし、慢性的な「営業スマイル」は禁物です。
常に楽しくもないのに笑顔を作るクセが付くと、脳が混乱して自分自身の本音が分からなくなる、つまり、自分の痛み・悲しみを自分にも気づかない深いところに閉じ込めてしまうそうです。

なので、大切なのは「ホンモノの笑顔」、そしてそれを生み出すための第一歩として、「希望のタネ」を見つけ出すことです。

今日の記事はいかがでしたか?

みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 オンリーワンのコンセプトデザインと
 アイドマの法則に則った販促企画で
 小さな起業家に笑顔が生まれるブランドづくり

 新規集客&リピート化プランナー
 合資会社 笑う門
 山田浩和
 yamada@hesochiku.com

 横浜市保土ヶ谷区桜ヶ丘1-39-8
 https://www.warau-kado.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。