スタッフブログ

購買モデルデザイン

2015年07月22日 販売促進 スタッフブログ

購買モデルデザイン

売り上げは、「売った数」というより、お客様が「買うという行動」をしてくださった結果、と捉えるべきです。

「買うという行動」とは、その通り、店頭でお金を払う、契約書にサインをする、「注文する」をクリックする、などの契約・精算のことです。
そして、その手前で様々な行動をしていただくことで、「買うという行動」に辿り着き、その結果、売り上げが発生するのです。

例えば、スーパーであれば、お店に来てくれなければ売り上げは発生しません。
商品の前で足を止めてくれなければ、売上は発生しません。
商品を手に取ってくれなければ、売上は発生しません。

なので、
・お客様が「買うという行動」に辿り着くまでの理想的な行動を想定します。
・黙っていたら想定通りにならない「部分」に「動機付け」(スイッチON)をします。

【参照】販売促進5W1H
http://warau-5w1h.jimdo.com/

今日の記事はいかがでしたか?

みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 オンリーワンのコンセプトデザインと
 アイドマの法則に則った販促企画で
 小さな起業家に笑顔が生まれるブランドづくり

 新規集客&リピート化プランナー
 合資会社 笑う門
 山田浩和
 yamada@hesochiku.com

 横浜市保土ヶ谷区桜ヶ丘1-39-8
 https://www.warau-kado.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。