スタッフブログ

笑門来福の方程式

2015年01月07日 ひとりごと スタッフブログ

昨日、神社での参拝と「引き寄せの法則」の共通点について書きました。

潜在意識にイメージを焼き付けることで、今まで見落としていたものに気づき、得られる情報や関わる人、あるいはモノの見方が変わってくる、という話でした。

もう一つ、「引き寄せ」に関する理論があります。
「量子物理学」的な見解です。
私も全く未知の世界ですが・・・。

私のような素人には、やはり理論が難しいし、私がそれをココで解説するのも違和感バリバリなので、まずは身近な「あるある」な事例を挙げます。

例えば、元気な人の近くにいると、こちらも元気になった気になります。
反対に、落ち込んでいる人、暗い人に近くにいると、こちらまで同じような状態になります。

これを量子物理学的には「エネルギーが影響し合っている」と考えるそうです。

少し理論的に説明してみます。
私たち人間も自然もあらゆる物質も、分解すると原子になり、原子は原子核と電子で構成されているそうです。
要するに、みんなエネルギーなんだそうです。
そして、各々のエネルギーはそれぞれ振動していて、その振動の振れ幅を「波長」と言うそうです。
波長は心身の状態で長くなったり短かくなったりするのだそうですが、同じ波長(の長さ)のものを引き寄せ合うようにできているそうです。
いわゆる「波長が合う」とは、まさにそのことだそうです。

前述の「あるある事例」で言うと、自分自身が元気になろうと思っていると、その意志が元気なエネルギー(人)を引き寄せてくれる。
反対に、ネガティブな気持ちを引きずっていると、そういうエネルギー(人)を引き寄せてしまう、ということだそうです。

「類は友を呼ぶ」って、そいうこうことなのでしょうね。

そして「笑う門には福が来る」も同様なのでしょう。
笑顔や笑いはプラスのエネルギーなので、笑っていれば、同じようなプラスのエネルギー(=福)がどんどん集まってくる、ということなのでしょう。

そういうワケで、2015年も、どんどん笑いましょう。
ついでに言うと、作り笑いや営業スマイルではダメだそうです。
「ホンモノの笑顔」をどんどん生み出しましょう!

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。