スタッフブログ

人のフリ見てナンとやら

2014年12月10日 ひとりごと スタッフブログ

以前、何かに書いたと思うのですが、お気に入りのムービーがあります。

コチラです。

【レジ打ちの女性】
 https://www.youtube.com/watch?v=2M08p9leBio

原作(?)は『涙の数だけ大きくなれる!』(木下晴弘著・フォレスト出版)の中に書かれている「あるレジ打ちの女性」です。

とてもシンプルなデザインだし、むしろ、「もうチョット何とかなるんじゃない」、というくらい、技術的にはあまり力んでいないような作品なのですが、何度観てもグッときます。
(コレ書きながらも見入りそうになりました(汗))
何かしら自分の中の「あるある」だったり、人に伝えたいことだったりするかもしれませんね。

なのですが・・・。

昨日、ニセモノ(?)を見つけてしまいました。
(苦)

「泣ける話」的なのを集めているサイトのようなのですが・・・。
コレじゃ泣けない。

説明が必要以上にクドイ。
そのせいで作品が間延びしている。
挙句の果てには・・・

途中でBGMが終わり
しばらく音が無いまま、話が進み
そしてその後・・・、

BGMが最初からはじまり
BGMが「超」中途半端なところで話が終わりました。

う~ん・・・。

ま、その作品に対する批判はどうでも良いのですが、もしかしたら、私たちもやってしまっているかもしれませんね。
多かれ少なかれ、同じようなコトを。
良い素材があるにも関わらず、表現を間違えたり飾り過ぎたり飾らな過ぎたり、と。

人のふり見て我がふり直しますか。

ちなみに、昨日はもちろん、その後、ホンモノを見直しました。
BGMの「小さなうた」(KOKIA)も良いです。

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。