スタッフブログ

これからのマーケティング

2014年09月30日 ひとりごと スタッフブログ

昨晩、テレビを付けたら「抗菌が菌を強くしている(人を弱くしている)」というような話をしていました。

「菌」という生命体はどんな環境でも生きようとするわけで、その結果、強くなる。
人は菌を遠ざければ遠ざけるほど、戦う必要が無くなるので、その結果、弱くなる。

単純に「そうだろうな」という印象。

でも、ドラッグストアでもテレビCMでも展示会でも、「抗菌」「殺菌」「滅菌」の連発です。
なぜでしょうか?

ズバリ! 売れるからです。
(くれぐれも、それらを全否定しているのではありません)

でも、コレって従来のマーケティング手法の典型です。

1.不安にさせる
2.解決方法を提示する

もちろん、痛み・苦しみ・悩み・恐怖・不便から解放されるのは必要なことです。
でも、それも程度の問題です。
過剰な利便性の追求や過剰なサービス、過剰な付加価値は返って人や社会にダメージを与える結果になるのだと思います。
例えば大量消費による環境問題、過食による成人病、などなど。
前述の抗菌などは、まさにそれに当てはまると思います。

で、ここで言いたいのは、それらの否定よりも、むしろその反対です。
つまり、今後のマーケティングのあるべき姿です。

・・・が、長くなりそうなので、続きは改めて。

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文: