スタッフブログ

スタッフブログ 記事一覧

万全の安全対策をしているのに、なぜ、お客様は戻らない!?
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き 只今、 連続で書かせていただいている 商いを成立させる3つの要件 について 書かせていただきました。 自社自店の商品・サービスに 興味・関心を持っていただくため には 相手の心を動かすコトが先 というのが絶対なのだけれど コロナショックによって 心が動いてから買うという 行動に至るまでの間に 安全 という 絶対的・優先的なな欲求を満たす 必要が生じた というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― 従来だって十分にしてきた ――――――――――――――― というコトで、 今、僕た…

>>続きを読む

コロナ禍で生じた「心を動かす」「+α」なハードル
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き 只今、 連続で書かせていただいている 商いを成立させる3つの要件 について 書かせていただきました。 あなたの商品・サービスに 興味・関心を 持っていただくためには まずは 「いいね!」 「エッ!何ソレ!?」 と、心を動かすコトが大切で 心を動かしてから スペックの説明 というコトを デビッド A アーカー氏の ベネフィットの3分類 を引用して 書かせていただきました。 ――――――――――――――― 平たく言えば、こういうコト(笑) ――――――――――――――― 先に理論を書いてしまったの ですが、…

>>続きを読む

スペックの説明の前に、まずはコレ!
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き 只今、 連続で書かせていただいている 商いを成立させる3つの要件 について 書かせていただきました。 あなたが提供する 商品・サービスの価値を伝える時、 ソレにどのような ヒトの心を動かす価値があるのか を掘り下げるコトが大切で ヒトの心を動かす とは 例えばソレは、相手が 「いいね!」 「エッ!何ソレ!?」 なんていう反応を示すようなコトで あって ソレは 商品・サービスの説明さえすれば 得られるとは限らない というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― その違いとは!? ―…

>>続きを読む

1人の心を動かすコトに集中する
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き 只今、 連続で書かせていただいている 商いを成立させる3つの要件 について 書かせていただきました。 商いを成立させる3つの要件 の1つ、 売るモノ にどれだけ価値があったとしても ソレを伝えなければ 誰にも伝わらず 無いも同然。 だからと言って ソレを 誰にどうやって伝えるのかが 難しいワケで・・・。 ――――――――――――――― でも、コレなら出来るかも!? ――――――――――――――― たしかに 知らないヒト1,000人に 自社自店の商品・サービスの 価値を伝えるって どうして良いか分かりませ…

>>続きを読む

知らないヒト1,000人に伝えるのは難しい「けど」
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き 只今、 連続で書かせていただいている 商いを成立させる3つの要件 について 書かせていただきました。 中々、収束の気配を見せない コロナ禍ですが 今後、 よりシッカリした対策が 求められる一方で 本来の価値を損なわない というコトも 忘れてはならず さらにはソレを お客様に伝えなければ伝わらない というコトを 書かせていただきました。 ――――――――――――――― ありがちなアレと同じです(汗) ――――――――――――――― で、この お客様に伝えなければ伝わらない を強調する理由の1つは ソレが中…

>>続きを読む

ウィズコロナ時代の対策マーケティング
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も引き続き 只今、 連続で書かせていただいている 商いを成立させる3つの要件 について 書かせていただきました。 中々、収束が見えないコロナ禍。 ウィズ・コロナ時代の 消費者の心理を 前々回に続き マズローの欲求の5段階説 的に紐解いてみました。 ――――――――――――――― 安全欲求を満たしてからの ――――――――――――――― 今の日本の極々一般的な消費者の 感覚からすると いわゆる 「不要不急」と言われているモノ こそ 急・・・、 とは言い切れないまでも(?) 要であるコトは間違いなく でも、ソレでさえも…

>>続きを読む

第2階層を満たしてからの高次の欲求
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も 只今、 連続で書かせていただいている 商いを成立させる3つの要件 について 書かせていただきました。 現在の消費者の心理を マズローの欲求の5段階説 に当てはめると 従来は 第3~5階層の 「社会的」「承認」「自己実現」 (+自己超越)の域にあると 考えらえる (日本の一般的な)消費者も コロナショックを経て 第2階層の安全欲求が高まり 優先的にソレ求めるように なっている・・・、 けど。 ――――――――――――――― お金を使いたくてしょうがない? ――――――――――――――― 一方で、従来あった高次の欲…

>>続きを読む

コロナショックを『マズローの欲求の5段階』で考えてみた
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も 只今、 連続で書かせていただいている 商いを成立させる3つの要件 について 書かせていただきました。 そもそも変化の激しい時代、 そして、そこに起きた コロナショック。 という大前提を踏まえて 改めて 商いを成立させる3つの要件 のお話、 というコトで まずは 売るモノ(=価値) について 書かせていただきました。 ――――――――――――――― モノの価値は変わるモノ ――――――――――――――― 商いを 価値(モノ)と価値(カネ)の (等価?)交換 と定義するならば 売れるモノ=価値のあるモノ なワケです…

>>続きを読む

その時々でこんな風に価値なんて変わります
――――――――――――――― 前回のお話 ――――――――――――――― 前回も 只今、 連続で書かせていただいている 商いを成立させる3つの要件 について 書かせていただきました。 (そもそも) コロナショック前から 世の中の変化は激しくて ソレに 対応できない事業は・・・、 なんて囁かれていた中での コロナショック。 (汗) ――――――――――――――― 新しい世界に入れてもらうには ――――――――――――――― もう誰も正解なんて分からないし とは言え (多分)元には戻らなので、 PDCAを素早く回して 数撃って当てる みたいなコトをしないと 新しい世界には 入れてもらえなくなりそ…

>>続きを読む

<< 過去の記事へ