スタッフブログ

ひとりごと 記事一覧

誰でもとっても簡単に、ネタに悩まず情報発信できるネタ
物語型集客術における あなたの役割は、 物語の主人公である あなたのお客様 を支える 師・賢者・魔法使い です。 あなたの 商品・サービスは、 あなたのお客様を 成長させるための 武器・技・魔法 です。 つまり、 お客様の「師」である あなたは、 お客様に 商品・サービスを ポイッ と渡すだけではなく、 ・それらの素晴らしさ ・活用の仕方 を伝授しなければ いけないのです。 なぜ、 あなたの商品は 素晴らしいのか? なぜ、競合ではなく あなたでなければ いけないのか? あなたの商品は、 どのようにして、お客様の悩みを 解決してくれるのか? などなどを 伝えなければいけません。 つまり、 情報発…

>>続きを読む

競争の悪循環を断ち切る物語型集客メソッド
(チョット哀しい) スモールビジネス事業者で、 「あるある」です。 夢とか理想があって、 資格を取ったり、 勉強したり、 スキルを磨いたり、 「その筋」で経験・体験を 積んだりして、 いざ起業したりします。 なのですが。 最初にブチ当たる壁が 「集客」。 理想のお客様どころか、 誰も来てくれない。 と、なると、 焦るし、 どうして良いか 分からないので、 より便利に、 よりリーズナブルに、 より多くのニーズに 対応できるように、 より多くの商品・サービスを 提供できるように、 という方向に、がんばります。 お客様のためを想って がんばるコトは 素晴らしいコトなのですが、 ↑の方向でがんばった結…

>>続きを読む

お客様を前のめりにリピートさせる必須アイテム
業種に関わらず 「●●●(業種)に  関するコトなら  何でもご相談ください!」 というPR、 よくありますよね? このパターン、 大きい規模の事業ならともかく、 スモールビジネスは NGだと考えています。 発信(PR)する側の 意図としては、 幅広いニーズに 呼び掛けた方が 反応を得られる とうコトだと思いますが、 コレは全く反対です。 受信する側、 つまり消費者としての 僕たちにとっては、 全然、 「自分ゴト」な気がしない、 というのが現実です。 もちろん、 色々なコトに対応できるって、 スゴイことなんです。 な・の・で・す・が。 そういう発信をしている場合、 数ある商品・サービスの中から…

>>続きを読む

「売る時!」の情報発信のポイントはココ!
突然ですが、 我が家では ソコソコの長いブーム、 というか 「定番化」している と言っても過言ではない 逸品を紹介します。 ココナッツ・サブレ サンドアイス。 ネットでも 「美味しすぎる!」 と、 かなり話題になっている ようですね! 発売から50年以上の 超ロングセラー 「ココナッツサブレ」 (日清シスコ) と グリコのバニラアイスの 奇跡のコラボ商品です! ココナッツサブレの シュガーとココナッツの 香ばしさと シッカリした甘さながら、 全然しつこくないバニラの味が 絶妙! そして、 アイスクリームだからなのか? サブレがシットリとした食感で、 コレがまた良いのです!! (≧▽≦) アイス…

>>続きを読む

欲求を刺激して次の行動を促す良いタイトルの事例
ご覧になった方も いるかもしれませんが、 朝の情報番組で今朝、 「15分でオシャレ朝食作り」 というタイトルで、 オシャレで栄養満点、 しかも15分で作れる簡単朝食を 一般の方からヒアリングする、 という特集をやっていました。 バタバタしている時間なので、 あまり、ちゃんとは 観ていなかったのですが、 (苦) タイトルが素晴らしい! なんて思いました。 (≧▽≦) タイトル、キャッチコピー、 見出し、ヘッドライン、etc、 使う場面などで 呼び方は色々ありますが、 集客に欠かせない、 超重要な存在ですよね。 「ココで惹きつけられなければ  アウト!」 みたいな言い方をされますが、 その通りだと…

>>続きを読む

「隠れた逸品」を一気に注目させるテクニック
先日もお伝えしましたが、 只今、 TVK(神奈川テレビ)では、 『あぶない刑事』 の再放送をしています。 ソレを 知ってしまった以上・・・、 観ちゃいますねぇ~。 ( ̄▽ ̄;) 同世代の人なら分かるハズ。 (笑) でも、ですよ。 ふと、思ったのですが、 同作品って、 今まで観られなかったワケでは ありません。 DVDが販売されているし、 「レンタル」だって されているワケです。 そして、僕自身も この再放送が始まるまでの間、 同作品に対して 悪い印象を持っていたワケでも 「封印」(?)していたワケでも ありません。 ソレでも、 観る機会も無ければ 観ようとも思いませんでした。 と、いうコトから…

>>続きを読む

「売れない理由」発掘メソッド
ご存知の方もいらっしゃるかも しれませんが、 「AIDMA(アイドマ)の法則」 という、 消費者がある商品を知ってから 実際に購入するまでの 「心理プロセス」 と表す法則があります。 AIDMAとは、 A・・・Attention (その商品の存在に気付く) I・・・Interest (その商品に興味を持つ) D・・・Desire (その商品が欲しくなる) M・・・Memory (その商品が記憶に焼き付く) A・・・Action (その商品を購入する) という一連の流れの頭文字です。 ※同じく、↑の「M」が無い  「AIDAの法則」というのも  あります。 この流れ、 商品・サービスによって、 …

>>続きを読む

脱!「必要だから」「仕方なく」「買ってもらう」ビジネスモデル
マーケティング用語で 「ニーズ」と「ウォンツ」って ありますよね? 色々な人が色々な言い方を していますが、 ココでは一旦、 そのまま直訳して 「必要なモノ」「欲しいモノ」 としておきます。 必要なモノとは、 ・生きるために必要 ・ケガしないために必要 ・いざという時のために必要 ・●●●へ行くために必要 ・人と会いに行くのに必要 など、言ってみれば (半ば)「義務的」「強制的」、 みたいなニュアンスが ありますよね。 例えば、 食料品、保険、セキュリティ、 水道光熱費、通信費、税金、 (見劣りしない)洋服、バッグ、 装飾等。 まぁー、モノによっては、 ソレを逆手に取るコトで 「買うための理由…

>>続きを読む

競合と徹底的な差別化を図る●●●
個人的には 「激烈な人気作品」 という印象は、 あまりありませんでしたが、 実は中々の人気シリーズ。 ネット上では 「ドリームワークスきっての  看板シリーズ」 なんて書き込みまである 『カンフーパンダ』、 先日、 第1作をDVDで観ました。 恐らく、ジャッキーチェンの 映画を観て育った世代には、 何とも言えない 「くすぐられる」(?)感じが たまらない作品ではないかと 思います。 (笑) 観ていない人には分かりにくい かもしれませんが、 ストーリーは至ってシンプル。 主人公が「あるキッカケ」で 伝説の「龍の戦士」に選ばれ (越境) 厳しい修行を経て (試練) 強敵を倒す (勝利) という流れ…

>>続きを読む

<< 過去の記事へ