スタッフブログ

笑顔販促 記事一覧

エピローグ
冒険は終わりました。 あなたが魔宮から持ち帰った宝物は「笑顔のタネ」。 故郷の土に蒔いたタネは芽となり、やがて誇らしげに花を咲かせました。 あなたには、伝説の勇者「笑売人」の称号が与えられました。 これからのあなたのミッションは、国中の人々を笑顔で満たすことです。 あの修行の日々に体に叩き込んだ ●コンセプトデザイン ・価値フレーム(機能 / 感動 / ステータス / 情報) ・クライアントモデル ・商圏 ●販促企画 ・マーケティングミクス(笑顔商品 / 笑顔価格 / 笑顔流通 / 笑顔販促) そして、あの魔宮から姫を救い、故郷の王城に送り届けるまでに編み出した「再会(=リピート)」のための販…

>>続きを読む

エピソードⅩ「帰還」
ついにあなたは、故郷に辿り着きました。 王城は目の前です。 それはつまり、姫とのお別れでもあります。 再び出会うために、あなたが出来ることは何でしょうか? メルマガ? ニュースレター? グリーティングカード? あるいは、パーティーや例会など、一定の期間で実際に顔を合わせる機会を創るのも良いでしょう。 接点を持ち続けることが大切です。 そして、大切なお客様ほど、手間を掛けて心を込めてアプローチし続けましょう。 その際、決して売り込んではいけません。 あなたの日常や、専門家としての知識やノウハウを発信し続けるのです。 宣伝・PRは2割程度に留めましょう。 長い旅が間もなく終わります。 【参照】最終…

>>続きを読む

エピソードⅨ「復活」②
魔宮は滅びました。 長く激しい震動の後、大地に呑み込まれるように跡形もなく消えてなくなりました。 あなたはと言えば・・・、 ドラゴンとの死闘でボロボロになった体で、魔宮が崩れ落ちる中、見事に姫を救出し、宝を取り返し、脱出に成功しました。 奇跡を起こしました。 あなたの存在すら知らなかった姫(=クライアントモデル)のために闘いました。 モノと情報が溢れる世界で、「あなたならではの価値」を発信し、情報のモンスターたちを蹴散らし、修行で磨き編み出した技で、あなたと姫の間を妨げる最強のドラゴン(=競合)を倒し、姫にあなたの愛を伝え、受け入れられ救出することに成功しました。 共に闘った仲間たちが待ってい…

>>続きを読む

エピソードⅨ「復活」①
ついにあなたは、最強の敵・ドラゴンを倒しました。 持てる力を使い果たし、ボロボロになりながら死力を尽くして勝利を獲得しました。 修行で見つめ直したあなたの「コンセプト」「オンリーワン」を活かし、編み出した「0円商品」で顧客を顕在化させ、フロントエンド商品で新規顧客の獲得に成功しました! しかし! ドラゴン(魔王)のチカラで成り立っていた魔宮は、主の死と同時に崩れ始めました。 魔力が失われつつあるのです。 一刻も早く姫を救い出し、魔宮を脱出しなければいけません。 姫の牢に辿り着き、鍵を壊し姫を連れ出そうしたその時です。 姫が動こうとしません。 姫は、あなたの救いを求めていません。 まだ、魔王の魔…

>>続きを読む

エピソードⅧ「対決」
ついに現れました。 最強の敵・ドラゴン。 暗黒の魔法の正体こそ、巨大なドラゴンでした。 ドラゴンに姿を変えた魔王は、あなたに向かい炎を吐き、爪で襲い掛かり牙で喰いかかってきます。 姫を救い出すため、最大の難関を乗り越える時です。 販促活動で一番の難関「新規の成約」です。 修行中に開発した「フロントエンド商品」です。 あなたの商品・サービスを象徴し、今後のお取り引きのキッカケとなる商品です。 「0円」商品ではありません。 お客様に初めてお金を払っていただく商品です。 あなたが開発したフロントエンド商品は、「最強のドラゴン」という最大の難関を乗り越えて姫を救い出せるのか? 今日の記事はいかがでした…

>>続きを読む

エピソードⅦ「接近」②
ついに魔宮への侵入を果たしたあなたに、モンスターたちはさらに激しく攻撃を仕掛けてきます。 攻撃をかわしモンスターを倒しているだけではキリがありません。 いち早く姫の居場所を把握しなければいけません。 そのために、姫に「SOS」「HELP」を叫ばせ、居場所をキャッチするのです。 つまり「登録」です。 見込み客にあなたから直接連絡が取れるように、メールアドレス等の情報を提供していただきます。 ここで、修行中に開発した「0円商品」の登場です。 「0円」だからと言って、粗品を送っても喜ばれません。 その分野の専門家でありアドバイザーでありコンサルタントとしてのあなたならではの知識や情報をお贈りしましょ…

>>続きを読む

エピソードⅦ「接近」①
厳しい修行を乗り越え、仲間たちとの出会いを経て、いざ対決の魔宮へ! そこに辿り着くための道中にはモンスターがウヨウヨと。 闇のモンスターの正体は、世の中に洪水のごとく溢れる<情報>。 これらの情報の洪水をかわし、魔王に捕らわれた姫にあなたの存在を知らせなければいけません。 アイドマの法則の「Attention」、販促ステップチャートの「知ってもらう」のステージです。 まずは集客です。 「見込み客」を集めるのです。 修行中に掘り下げた「あなたならではの価値」をクライアントモデルに知ってもらう効果的な集客ツールは? ブログ? 新聞折り込み? DM? FAX DM? 集客ツールやメディアは、あくまで…

>>続きを読む

エピソードⅥ「出会い」
ついに厳しい修行を終えたあなたは、魔王との対決のため、魔宮に向かいます。 その道中、あなたの行く手を遮る者が・・・!? 聞けば、あなたの<志>に賛同し、共に闘うことを申し出てくれた同志たち。 いくら修業を積んだとはいえ、一人で何もかもできるわけではありません。 この後、最強のドラゴンと闘い魔王を倒し、姫と宝を奪い返すために必要な仲間とは? 志・夢・スキル・性格・相性・年齢・報酬・出身地・趣味・家族構成・判断基準、社内スタッフか外部パートナーか等々、クライアントモデル同様、あなたに必要なパートナー像を明確に思い浮かべてください。 敵は強いです。 スキルが高いだけでは勝てません。 報酬だけが目当て…

>>続きを読む

エピソードⅤ「修行」マーケティングミクスD笑顔販促④
厳しい修行も、ついに最終回です。 修行の後、あなたを待ち受けているのは「運命の対決」。 モンスターが潜む闇の森を抜け、迷宮に侵入し、「暗黒の王」と「最強のドラゴン」を倒し、姫に掛けられた魔法を解きます。 即ち、世の中に溢れている情報の洪水の中、あなただけのお客様に向かって情報を発信し、あなたの存在に気づいていただき、他のどんな商品・サービスでもなく、あなたならではの価値に興味・関心を持ってもらい、最大の難関である「新規の購入」、そして、あなたの価値に間違いがないことを知ってもらった上で「リピート購入」をしてもらいます。 最後の修行は、お客様の「行動」を設計する「購買モデルデザイン」です。 例え…

>>続きを読む

<< 過去の記事へ