スタッフブログ

スタッフブログ 記事一覧

競合と徹底的な差別化を図る●●●
個人的には 「激烈な人気作品」 という印象は、 あまりありませんでしたが、 実は中々の人気シリーズ。 ネット上では 「ドリームワークスきっての  看板シリーズ」 なんて書き込みまである 『カンフーパンダ』、 先日、 第1作をDVDで観ました。 恐らく、ジャッキーチェンの 映画を観て育った世代には、 何とも言えない 「くすぐられる」(?)感じが たまらない作品ではないかと 思います。 (笑) 観ていない人には分かりにくい かもしれませんが、 ストーリーは至ってシンプル。 主人公が「あるキッカケ」で 伝説の「龍の戦士」に選ばれ (越境) 厳しい修行を経て (試練) 強敵を倒す (勝利) という流れ…

>>続きを読む

あらゆる業種に当てはまる顧客をファン化させる素材 
一昨々日から、 弊社の第15期突入記念としして、 改めて 「物語型集客術」 の概要をお伝えしています。 昨日は、 変化の激しい時代に 昔々から変わるコトの無い 人の感情や欲求を満たすために 必要なのは、 (新規の集客のみでなく) 出逢ったお客様を リピート→ファン化 させていくコトであり、 お客様が リピート→ファン化 していくために必要なのが 物語の仕組みであり 「お客様の成長」である、 というお話を させていただきました。 本日は、 「お客様の成長」 って、どういうコト!? というお話を させていただきます。 物語集客術では、 主人公は、お客様。 事業者は、 お客様を英雄へと成長させる 賢…

>>続きを読む

アノ心理学者も唱えた最上級の欲求
一昨日から、 弊社の第15期突入記念としして、 改めて 「物語型集客術」 の概要をお伝えしています。 昨日は、 変化の激しい時代に 昔々から変わるコトの無い 人の感情や欲求を満たす 物語の仕組みって どういうコト!? というお話を させていただきました。 本日は、 物語の仕組みが ・変化の激しい時代 ・昔々から変わるコトの無い  人の感情や欲求 と、どう関係するの? というお話を させていただきます。 集客というと、どうしても 「常により多くの   新規顧客を集める」 というイメージになりますよね。 もちろん、 間違えではありませんが、 正解とも言い難いのです。 なぜならば、 一昨日、書いた通…

>>続きを読む

神話の法則とマーケティングが融合した集客メソッド
昨日から、 弊社の第15期突入記念としして、 改めて 「物語型集客術」 の概要をお伝えしています。 昨日は、そもそも なんで集客するのに 物語の仕組み を組み込まなければ いけないのか、 という話から、 物語の仕組みに、 変化の激しい時代に 昔々から変わるコトの無い 人の感情や欲求を満たす ヒントを見出した、 というお話を させていただきました。 本日は、 「で、  ソレッてどういうコトなの?」 という話です。 その昔、人は 「壁に絵を描く」 という方法で物語を伝えました。 時を経て、 中世のヨーロッパでは、 騎士が見知らぬ地で 民を苦しめる敵 (ドラゴンや巨人) を倒し英雄となる 「騎士道物…

>>続きを読む

時代と人にフォーカスした集客メソッド
お蔭さまで、 弊社も第15期に突入しました! 引き続き、 どうぞよろしく お願いいたします。 m(__)m と、いうことで、 本ブログでは、 第15期突入を記念し 本日から4日間、 改めて 「物語型集客術」 の概要をお伝えしたいと 思います。 お付き合い、 よろしくお願いします! (^^)v まず、「そもそも」な話ですが、 なんで集客するのに 物語の仕組み を組み込まなければ いけないのか、 という話からです。 「今時、集客なんて、  SNSやらLPやらで  パパッとやって  ガバッと人を集めれば  スグにドドーンと儲かるよ!」 みたいな情報が ネット上には溢れています (汗) が、 実際のと…

>>続きを読む

あなたのファンをより一層のファンにする「一体感」メソッド
今回、初めて知ったのですが、 世の中には 「バルス祭り」 なるものが存在し、夕べも 盛り上がりを見せたそうですね。 ご存じない方のために 「一応」説明します。 (↑上から目線・笑) 「バルス」とは、 『天空の城ラピュタ』の クライマックスで、 主人公の二人が叫ぶ 「滅びの言葉」 と伝えられていた呪文です。 同作品が金曜ロードショー などで 放送される際、 このシーンにタイミングを 合わせ、視聴者が一斉に twitter(等?)で 「バルス!」 と投稿するコトを 「バルス祭り」 と呼ぶそうです。 ( ̄▽ ̄;) 以前は 「2ch」で行われていたモノが、 2011年12月の同番組での 放送以来、tw…

>>続きを読む

無意識な不合理を見つけ出す●●
衆議院、解散しましたね。 「たまたま」 なのかもしれませんが、 今回の解散、 やたらと「バンザイ」が 話題になっている、 というような気がしていますが、 気のせいでしょうか!? ( ̄▽ ̄;) なんて思っていたら、 「アノ人」が面白いネタを 提供してくれましたね。 今回の解散時、 小泉進次郎氏は「恒例」の バンザイをしなかったそうで、 その理由について 「なんで万歳するんですか。  わかりませんよね。  だからしないんです。  慣習だからとか、  今までやってきたからとか、  合理的理由なくやり続けるのは  僕は好きじゃない。  そういったものを  全部なくせばいいと思う。」 とコメントしたそう…

>>続きを読む

英国王室に学ぶ心に焼き付く自己紹介メソッド
最近、自己紹介の大切さを 改めて感じていますが、 特に大切なのが、 相手に印象付けるコトなのかな、 と思っています。 そんな中、 チョット興味深いニュースを 観ました。 僕がニュースで知ったのは、 ホントについ最近なのですが、 イギリスでは、 以前からのテッパンネタに なっているのでしょうか? ウィリアム王子の自虐ネタ。 (笑) スゴイですよね。 (汗) もちろん、誰でも 自虐ネタをすればイイって モンじゃありませんよ。 一国、しかも 「あのイギリス」の王子の 自虐ネタですからね。 ユーモアとか笑いとかの 枠を越えて、 ファンづくりのアイテムとして こんなに強い武器は ありませんよね。 ( ̄▽…

>>続きを読む

あの業界(?)でも実践している!今やるべき「常識の破壊」事例
今、業界(?)の常識を 次々と破壊し、メディアなどでも 注目されている寺院があります。 埼玉県熊谷市にある 見性院というお寺です。 同院のWebサイトによれば、 開創は天正年間(1573~92)、 つまり400数十年の歴史と伝統 を持つ寺院、ということに なります。 住職の橋本氏は 「みんなのお寺」 を基本理念とし、 2012年6月に 「檀家制度」を廃止したことを はじめ、 ・宗教・宗派・国籍を問わない  自由な葬儀・法要 ・寄付・年会費・管理費不要 ・喪主様の意向を取り入れた  手作りで自由なかたちの葬儀 ・葬儀社や石材店を通さない  葬儀・家族葬・墓の建立 ・お布施の明朗会計 などなど、様…

>>続きを読む

<< 過去の記事へ 新しい記事へ >>