スタッフブログ

エッセンスを抽出&アレンジする便乗(笑)マーケティング発想法!

2018年02月03日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
本日は、お題を出します(笑)
―――――――――――――――

節分です!

節分と言えば、
今や全国区となった

恵方巻き。

というコトで、
突然ですが、

本日は

恵方巻きをベースにした

便乗(笑)マーケティングの

発想トレーニング

を提案します!
(≧▽≦)

まずは、
先ほどザッと調べて見つけた
「受け売り」な情報(笑)も含め

恵方巻きに関する
(節分だけに?)
「豆」知識の共有です。

―――――――――――――――
そもそも節分とは
―――――――――――――――

先日も書きましたが、
そもそも「節分」とは、

その名の通り、季節の分かれ目。

つまり、

立春・立夏・立秋・立冬の前日

は、全て節分です。

昔の人は

季節の変わり目には
魔物が出る

と思っていたそうで

それを封じる(退治する)ために
様々な行事などの風習ができた

と考えると、解せますよね?

―――――――――――――――
「ナンでもアリ」で良い!?
―――――――――――――――

今ではスッカリ「全国区」
となった恵方巻きですが、

メジャーになった「副作用」
とでも言いましょうか。

良いか悪いかはともかく、

「ナンでもアリ」な印象が
否めませんね・・・。
( ̄▽ ̄;)

そこで!

「ナンでもアリ」
にならないための

外してはいけないポイント
をいくつか挙げます。

―――――――――――――――
コレがあるから恵方巻き
―――――――――――――――

・恵方

恵方とは、陰陽道でいう福の神

歳徳神(としとくじん)

がおられる方角だそうで、

その方向に向かって
コトを行なえば

万事に吉

とされているそうです。

・幸福を巻く

だから太巻き、だそうです。

・七福神にちなんで

恵方巻きには、

かんぴょう・きゅうり・たまご・
うなぎ(あなご)・桜でんぶ・
しいたけ・にんじん

など、
7つ(以上)の具材を巻く
そうですが、

コレは
無病息災・商売繁盛を祈って
七福神に掛けているそうです。

・やっぱり鬼退治

太巻きは「鬼の金棒」を
表しているそうで、
ココでもやっぱり「鬼退治」は
外せないキーワードのようです。

―――――――――――――――
コレも業界キャンペーンだった?
―――――――――――――――

で、
そんな恵方巻きのルーツは
諸説あるそうなのですが、

その中の1つで興味深いのが、

大阪海苔問屋協同組合が
販売促進の一環として広めた

という説があるそうです。

まさしく

バレンタインデーや
クリスマス(のチキン)

のようですね!
(≧▽≦)

というコトで、

コレらのエッセンスから
必要なモノを抽出し、
アレンジし、

(業界に
 新たな風を起こすような?)
あなたならではの
新しいキャンペーンを
発想してみてください!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
食品ですら、なくて良いです!
―――――――――――――――

例えば、

・他の節分

夏向きの商品を扱っているので
あれば

立夏の前日(の節分)に行う
キャンペーンでも良いですよね!

・7つのアイテム

七福神にちなんで、
何かしら7つ揃うモノは
ありませんか?

・巻く

お菓子業界はロールケーキで
恵方巻きを作りますよね!

あなたの商品、
何かで巻けませんか?
(笑)

もしくは、語呂合わせ。

誰かを巻き込む?
煙に巻く?
クダを巻く?
(笑)

などなど、
食品でなくて良いのです。

あなたならではの

オリジナル恵方巻き

を生み出してください!
(≧▽≦)

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
http://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。