スタッフブログ

(旧型)aibo的コンセプト・メイキング

2018年01月13日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
戌年に新型aibo登場!
―――――――――――――――

ソニーの
犬型エンターテイメントロボット

  aibo

が発売されましたね!
(≧▽≦)

犬型ロボットだけに、

「ワン」

にこだわり

昨年11月1日午後11時1分に
先行予約を開始、

そして、
戌年の今年
1月11日(木)に発売

という遊び心がイイですね!

―――――――――――――――
12年ぶりの復活!
―――――――――――――――

ご存知の通り、
aiboの旧型が発表されたのが
1999年。

その後、4回のモデルチェンジ
(=全部で5代)

を経て、
2006年に惜しまれながら
製造・販売を終了しました。

そして今回、12年ぶりに
新型aiboの発表となりました。

「12年ぶり」だけあって、
その間のAIの進化を感じさせる
機能が満載だそうです。

「犬っぽさ」が
進化しているのはもちろん、

カメラやセンサーで
人の動きや声を認識したり、

さらには、

飼い主とのやりとりで
その家の習慣やクセ(?)
などを認識し、

その家ならではのaibo

に成長していく、とか。
( ̄▽ ̄;)

一方で・・・。

やっぱり検索すると
見つかりますね。

こういう声が。

―――――――――――――――
旧型の方が好き
―――――――――――――――

実は、
僕もそうなのですが、

デザイン的には旧型、
特に初代のaiboが好きです。
( ̄▽ ̄;)

僕だけでなく

「旧型のロボ感が好きだった」

という声があるそうです。

そうなんですよ。

ではなく

犬型ロボット

であってほしい、

みたいな感じです。

そして、
ソレにも繋がるのですが、

aibo発表当時、
(だったと思います)

「オッ!
 そのコンセプト、スゲー!」

と思ったコトがあったんです。

―――――――――――――――
だから「ペット」、だったとか
―――――――――――――――

コレ、うろ覚えなのですが、
aiboのコンセプトについて、
こんな風な話があったと思います。

どんなに

「おりこうさん」

なペットでも、

食事の支度してくれるワケでも
なければ、

お金を貸してくれるワケでも
ありません。
(笑)

エサをあげないと死んじゃうし、
散歩はもちろん、
毛や爪も切りに行かなければ
いけない。

要するに、
いつまで経っても
手が掛かる未熟な存在なんだけど、、

だからこそ可愛い

ワケですよね。

一方で、
aiboが発表された
1999年頃って、

ロボット開発がまだまだ
黎明(?)みたいな時代で、

それこそ

鉄腕アトムにドラえもんや
アラレちゃん、

あるいは、
ターミネーターなどなど

SFの世界で観ているアレ

の完成は、

今よりも全然はるかに遠い

夢のまた夢

だったワケです。

ロボットの完成形が
上記のようなアンドロイド
だとすると、

当然、その時点では
ロボットとしての
価値は低いワケです。

価値が低いというより、

未熟

だったワケです。

つまり、

アンドロイドには
及ばない未熟な存在

  =ペット

という発想だった、
と聞いたコトがありました。

―――――――――――――――
「未熟」を価値にする
―――――――――――――――

aiboに関して言えば、
未熟というよりは

その先の長い長い
進化の過程の第一歩

という方が
的確かもしれませんが、

僕たちのビジネスに
置き換えるなら、

(常識的な基準で言うと)
価値が低いモノ

をNGにするのではく

切り口を変えて
価値を創り出す

って、
有りだと思いませんか!?
(≧▽≦)

―――――――――――――――
ヘタって魅力でしょ!?
―――――――――――――――

例えば、
地元の農家さんが作った野菜。

市場に出すには

形の良さ・統一性

ってスゴク大事らしいんです。

でも、

朝市なんかだったら、
多少、形が悪かったりしても
気にしません・・・、よね!?

むしろ、
その方が

ソレっぽい

って、
思っちゃいますよね。
(笑)

あるいは、

子供が描いた絵は
技術的には未熟なのかも
しれないけど、
味がありますよね。

文字だってそう。

雑はダメだけど、

丁寧に書いてるヘタな字

って、あたたかいですよね。
(*^。^*)

―――――――――――――――
もしかしたら、
あなたの周りにも!?
―――――――――――――――

もしかしたら、

あなたのビジネスの
周辺にも

ごく一般的な常識の基準で
NGを出しているモノで、

切り口を変えれば
新しい価値が生まれるモノ

あるかもしれませんよ!
(≧▽≦)

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
http://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。