スタッフブログ

ホリエモンの自虐ネタから学ぶ3つのコト

2018年01月10日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
いやぁー、驚いた
―――――――――――――――

あのホリエモンこと
堀江貴文氏が

ひとり芸No.1を競う

『R-1ぐらんぷり』に出場し、

しかも!

見事、
1回戦を突破したそうですね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
目的のための手段!?
―――――――――――――――

堀江氏が?
なんで??

って話なのですが、

考えてみたら、

僕個人は、それほど彼について
知っているワケでも
ありませんでした。
( ̄▽ ̄;)

なのですが、

それにしても、
何かしらの目的があっての
取り組み・・・、ですよね?

多分、

お笑い芸人になりたかった
ワケではないでしょうし、

増して、

賞金目当て

ってコトは有り得ませんよね?
(笑)

なので、
「ソレ」が何かは
分かりませんが、

(勝手に)
何かしらの
目的があっての手段だ、

という前提で書き進めます。
m(__)m

―――――――――――――――
まさかの自虐ネタ(笑)
―――――――――――――――

1回戦を突破したネタは、

小学生に扮した堀江氏が

「作文コンクール」

という設定で

将来の夢というテーマで
作文を読み上げる

という形で、

自身が過去、
世間をお騒がせした数々の
エピソードを自虐する

というネタだったそうです。
( ̄▽ ̄;)

小学生の姿で登場した時点で
会場は爆笑で、

ネタ本体も、

狙った場所

でキッチリ笑いが取れた

とのコトです。

で、
このニュースを観て、

3つほど、
興味深いコトがあったので
挙げてみます。

―――――――――――――――
自己資源の活用
―――――――――――――――

まず1つは、

自身の「資源」の活用ですね。

普通にしていれば

過去の(お騒がせした)出来事

で、
世間的には片付いているモノを

自虐ネタ

にアレンジして
甦らせてますよね。

当然ながら、
堀江氏自身の経験・体験だから
ネタになるワケです。

僕たちに置き換えるなら、
例えば、

一見、
今のビジネスに関係ないと
思ってしまいがちな

過去の経験・体験や

プライベートな趣味や
好きなモノ、
大切にしているモノ

などなどを

世界観として表現できないか、

なんて考えられるワケです。

―――――――――――――――
アウトソースの活用
―――――――――――――――

もう1つは、

R-1決勝常連の

エハラマサヒロ氏を

ブレーンとしたこと。

プライベートでも親交が
あるそうなのですが、

エハラ氏の分析力や、

最近の「傾向と対策」を
熟知している点を買っての
コトだそうです。

足らないモノを
アウトソースで足す

って、
大事ですよね!
(≧▽≦)

集客・販促でいうなら、

例えば、

チラシのデザインまで

自分で何とかしようとしない、

って感じでしょうか。

―――――――――――――――
柔軟な発想と行動力
―――――――――――――――

最後の1つは、

前述の

「何かしらの
 目的があっての手段」

という前提ですが、

手段を選ばない

というか、

常識にとらわれない

発想と行動力

というコトですね!
(≧▽≦)

クライアントさんの中には

自分は〇〇〇業なので

と、
業種の殻を壊すコトができず、

(少なくとも素人からは)
競合との違いが全く分からない
ビジネスモデルから
離れられず、

価格競争に陥っていた人も
少なくありません。

この変化の激しい時代、

特に、
業界自体が低迷している
業種の場合は尚更、

このような

常識にとらわれない
発想と行動力

が求められますね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
自虐ネタから学んだコト
―――――――――――――――

まとめると、

●過去の経験・体験や
 プライベートな趣味、
 好きなモノや
 大切にしているモノ

 などなどを
 世界観として表現してみる

●足らないモノを
 アウトソースで足す

●常識にとらわれない
 発想と行動力が大事

なんてコトを

堀江氏の自虐ネタから
学びました。
(笑)

そのネタ、観てみたいですね!
(≧▽≦)

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
http://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。