スタッフブログ

アイテム数ではなく「尖った逸品」からファンにさせる

2017年12月28日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
本日は第三弾です!
―――――――――――――――

前々回から、

弊社のクライアント様も
陥りがちで

且つ、

その思い込みから
中々、抜けられない

という

「集客&販促あるある」

のお話をしています。

前回・前々回で

・新規集客が大切
・ターゲットは絞らない

という2つの「あるある」
について、お話しました。

本日は第三弾

「より多くの商品・サービスで
 より多くのニーズに対応する」

をお伝えします!

―――――――――――――――
〇〇〇(業種)のコトなら
 何でもおまかせください!
―――――――――――――――

コレも、
もちろん間違えではありません。

が。

コレも前回の
「ターゲットは絞らない」

と密接に関連していると
思いますが、

より多くの商品・サービスを
提供しなければいけない

と考える理由は

「より多くの受け皿を
 用意しておけば
 より多くの人に引っ掛かる」

という発想ですね。

そして、
それを伝えるために出てくる
キャッチコピーが

「〇〇〇(業種)のコトなら
 何でもおまかせください!」

みたいな感じですよね。

―――――――――――――――
中途半端な八方美人!?
―――――――――――――――

↑上記のキャッチコピー、

「どこが悪いの?」

と思った方は、

(やや辛辣(?)ですが)
同業者のWebサイトやチラシ等を

シッカリと
見直してみてください。

同業者も、同じようなコトを
言っていませんか!?
( ̄▽ ̄;)

そして、
消費者の心理を考えた時、

同じコトを言っているのなら、
より大きい企業を選びたくなる

と、思いませんか!?

・・・というコトは、

色々な人の役に立ちたい

と思って、
より多くの商品・サービスを
取り揃えて提供するコトが

中途半端な八方美人

になってしまっている恐れが。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
だからと言って
決して間違いではありません!
―――――――――――――――

もちろん、前述の通り、

より多くの商品・サービスを
提供してくれる

というのは
お客様にとって嬉しいコトです。

一方で、

より多くの商品・サービス

と言っても、

資金力・情報発信力・マンパワー
等々に限りがある
スモールビジネスにとっては

大手企業のソレとは
比較にならないのでは
ないでしょうか?

大手企業とは言わないまでも、
同規模の競合でさえも、

お客様から見れば

それほど大きな違いには
映らないかもしれません。

むしろ、
(お客様は厳しいので(汗))

「(その業種なら)
 それくらいの商品・サービスは
 揃っているでしょ」

くらいに思われてしまうかも
しれません。

だからと言って、

より多くの商品・サービスを
提供する必要は無い

という話ではありません。

むしろ、ほんのチョット、

ベクトルを変えるだけで

ソレが非常に有効になるのです。

―――――――――――――――
チョット、ベクトルを変えてみる
―――――――――――――――

すなわち、

「より多くの人に」

ではなく

「あなたのコトが大好きな
 ファンの方に」

です。

売り上げの方程式は

客数 × 客単価 × 利用数

ですよね。

僕たちが売り上げを増やそうと
思う時、
つい意識してしまうのが

客数

ですが、

前々回もお伝えした通り、
今後のビジネスで重要なのは

利用数

つまり、

1人1人のお客様に
末永くお付き合いいただくコト

です。

―――――――――――――――
そうするためには
―――――――――――――――

そして、

より多くの商品・サービスを
1人1人のお客様に
ご利用いただくためには、

入口は絞り込むのです。

〇〇〇と言えば、
あなた

と認識されるほど、

尖った1点

に絞り込んで
情報を発信していきます。

そして、
接点が生まれたお客様に
対して、

その人が必要としている
様々な商品・サービスを
提供します。

―――――――――――――――
結局、大切なのは
お客様とのアレなんです
―――――――――――――――

その時、
重要なポイントは、

本人でさえも、
その商品が必要
と気づいていないコトが
多々あります。

なので、
あなたは専門家として、

その商品・サービスを
手に入れるコトが
お客様にとって、

どれだけ素晴らしいコト

なのか、
をキチンとお伝えします。

キチンと伝わるためには、
お客様との「絆」が必要です。

絆が無ければ、
タダの売り込みに
なってしまいます。

反対に言えば、

お客様との絆があれば、

あなたが
自信を持って提供する
様々な商品・サービスを

1人1人のお客様に
買っていただける

というコトですね!
(≧▽≦)

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
http://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。