スタッフブログ

売り上げが発生する道しるべ

2017年11月29日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
DVDを借りるまでの<道>
―――――――――――――――

コレだけオンデマンド配信が
普及されている昨今にも
関わらず、

ほぼ、
週に1本くらいのペースで
DVDをレンタルしています。
( ̄▽ ̄;)

借りるDVDは、
事前に決まっている場合が
殆どです。

なので、目当てのDVDを
レンタルするまでの行程は、

1.レンタルショップに行く
2.借りたいDVDの場所を探す
3.DVDを見つける
4.DVDを手に取る
5.レジに行く
6.精算をする
7.店を出る

という流れになります。

―――――――――――――――
売り上げが発生するのはいつ?
―――――――――――――――

お店側の視点で考えてみます。

上記の7つある行程の内、
お客様が「6」までの行程を
経ることによって、

お店に初めて
売り上げが発生します。

逆に言えば、

お客様が「6」までの行程を、
途中で止めてしまうと、

お店には売り上げが発生しない、

というコトになります。

分かりますか?

極々、当たり前のコトを
言っているようですが、

売り上げを作るというコトは、

つまり、
こういうコトなんです。

お客様が、

お店の狙い通りの行動

をしてくれれば、
売り上げが発生するし、

その通りに行動を
してくれなければ、

売り上げは発生しない、

というコトになります。

―――――――――――――――
「違う行動」は阻止せよ!
―――――――――――――――

上記の
レンタルDVDの場合で言うと、

例えば、
「3」の行程で、
目当てのDVDが見つからない、
というコトが起こり得ます。

その場合、

レンタルせずに帰る

という選択肢が生まれますよね。

そうなると、
「6」の行程には
辿り着かないので、
売り上げは発生しません。

お店としては当然、

「そのまま帰る」という選択を
阻止(笑)しなければいけません。

そこでまず、
考えなければいけないコトは、

「見つからない原因」です。

A. あるのに見つけられない
B. レンタル中
C. 元々、在庫が無い
D. その他

「A」であれば、

「見つからない場合は
   スタッフに聞く」

「B」「C」であれば、

「別のDVDを借りる」

という行動を
促す必要があります。

そのため、
その旨を書いたPOPを
目に付きやすい場所に貼る、

などの「仕掛け」をします。

―――――――――――――――
お客様に理想通りに
    動いていただく
―――――――――――――――

こうして書くと、
(前述の通り)極々、
当たり前のコトのようですが、

このように

売り上げが発生するポイント
(=ゴール)を明確にし、

そこに辿り着かせるために、

お客様に取ってほしい
「理想的な行動」を描き、

その行動をしてもらうための
仕掛けを創る

というコトが大切です。

前述のDVDレンタルでは、
「3」の行程が
理想通りに進まなかった場合を
書きましたが、

ソレ以前に、
お店に来てくれなければ
売り上げは発生しませんし、

お店の存在を知らなければ、
お店に来ようもありません。

このように、

お客様の理想的な行動を
設計し、

その通りになりにくい
ポイントを見つけ出すコトで、

優先的にやるべき対策を
把握しやすくなりますよね!
(≧▽≦)

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
http://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。