スタッフブログ

ニッチな1人勝ち市場を創る!

2017年11月08日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
そもそも、
市場って何ですか!?
―――――――――――――――

「市場」(しじょう)
という言葉、

気にしているようで、

実はソレほど、
気にしていない、

という感じ、ありませんか?

あ、くれぐれも、

もっと気にしないと
いけませんよ、

という話ではありません。

特に、「市場」という
単語に関しては。

ただし!

「概念」・・・、

というのが
正しいのでしょうか?

意識した方が良いポイントも
あります。

―――――――――――――――
市場って何!?
―――――――――――――――

「市場って何?」

と聞かれると、
言葉で説明するのって、
案外、難しいですよね!?
( ̄▽ ̄;)

で、改めて、
チャチャッと調べてみました。

いくつか調べてみて、

共通する説明、
各々、別の視点からの説明

などをひっくるめて、
自分なりの解釈をお伝えします。

―――――――――――――――
「市場」と「業種」
―――――――――――――――

ちなみに、

「市場」と「業種」の違い、

分かりますか?

幾つか調べた中で、
本メルマガのサイズに
ギュッ、と圧縮して言うならば、

・市場
 買い手のコト

・業種
 売り手のコト

と、言って良さそうです。

では、結局のところ、

「市場」と「業種」の違いって、

買う側と売る側の
立場の違いだけなのか、

というと、
実は、そうではないんです。

チョット分かりにくいかも
しれませんが、

ココに
大きな違いがあるんです。

―――――――――――――――
「業種」について
―――――――――――――――

業種というと、
日本標準産業分類の
大分類・中分類が
一般的だと思いますが、

例えば、大分類だったら、
製造業や小売業、サービス業
などなどで、

もう少し細かい中分類なら

プラスチック製品製造業、
金属製品製造業、

飲食料品小売業、
機械器具小売業、

洗濯・理容・美容・浴場業

などなど、
といった感じですよね。

つまり、
前述と照らしあわせるのなら、

「売り手」が作る、もしくは
提供する商品・サービスの分類、

なんて言い方ができると
思います。

一方で、
「市場」は、と言うと・・・、

―――――――――――――――
「市場」について
―――――――――――――――

市場は
「買い手のコト」でしたよね。

ココで重要なのは、

買い手が求めているのは

「商品・サービス」という
「モノ」ではない、

というコトです。

つまり、
買い手は何かしらの

悩みや課題

あるいは

欲求や需要

を抱えていて、

売り手の商品・サービスで

ソレを解決したり、満たしたり
しているワケです。

↑ココ、すごく重要です。

―――――――――――――――
競合は誰?
―――――――――――――――

業種の軸で考えると、
競合って、

同業者

ですよね?

つまり、
同じ商品・サービスを扱う
事業者です。

でも、市場の軸で考えると、
いかがでしょうか?

買い手、つまりお客様の
悩みや課題、欲求や需要を
解決したり満たすコトができる
商品・サービスは、

全て競合

というコトになります。

例えば、

「お腹が空いた」
「美味しいゴハンを食べたい」

という
欲求・需要があるとします。

業種の軸で考えると、

飲食店や食品小売業が
対象になると考えられますが、

例えば、
お弁当屋さんと惣菜屋さんは
競合するけど、

飲食店は異業種なので、
競合はしない、

という理屈になります。

でも、
市場の軸で考えると、

「お腹が空いた」
「美味しいゴハンを食べたい」

という
欲求・需要を満たす
商品・サービスは、

全て競合

というコトになります。

つまり、
飲食店もお弁当屋さんも
惣菜屋さんも、

全て競合、

です。

どちらが現実的なのか、
は明白ですよね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
ソレって、「超」競争社会!?
―――――――――――――――

というコトは、

業種の枠を超えて

より多くの事業者が
競合であって、

それら全ての競合と競争し、
勝ち抜かなければいけない
のでは?

なんて考えちゃいましたか?

ソレは、
ある意味、正解ですが、
ある意味、不正解です。

たしかに、

「同じ市場」にいる事業者は、
競合です。

で、あるならば、

競合がいない市場を

見つけ出す

もしくは

創り出す

という発想はいかがでしょうか?

いわゆる

ニッチ市場

ですね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
あなたの
1人勝ち市場を創る!?
―――――――――――――――

少し整理します。

市場とは、

何かしらの悩みや課題、
欲求や需要

を解決したり満たしたりする場

と定義します。

で、あるならば、

「競合がいない市場」とは、

同業種・異業種に関わらず、

他の事業者では
解決したり満たしたりするコトが
できない

あなただからこそ、
解決したり満たしたりするコトが
できる

という商品・サービスがあれば、

競争は生じませんよね!
(≧▽≦)

もちろん、
現実的には、
全く競合がいない市場なんて、
中々、見つかりませんが、

少しでも競合が少ない市場を
見つけたり開拓したり
するコトはできますよね!
(≧▽≦)

ソレはつまり、

理想のお客様の悩みや課題、
欲求や需要を明確にして、

あなただからこそ、

解決したり満たしたりするコトが
できる商品・サービスを
生み出す、

というコトです!

ソレは必ずしも、
新しい商品・サービスを
開発しなければいけない、

とは限らず、

ターゲットを変えてみる、
商品の見せ方、提供方法などを
少し変えてみる、

というコトでも
十分かもしれませんよ!

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
http://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。