スタッフブログ

欲求を刺激して次の行動を促す良いタイトルの事例

2017年10月12日 ひとりごと スタッフブログ

ご覧になった方も
いるかもしれませんが、

朝の情報番組で今朝、

「15分でオシャレ朝食作り」

というタイトルで、

オシャレで栄養満点、
しかも15分で作れる簡単朝食を
一般の方からヒアリングする、

という特集をやっていました。

バタバタしている時間なので、

あまり、ちゃんとは
観ていなかったのですが、
(苦)

タイトルが素晴らしい!

なんて思いました。
(≧▽≦)

タイトル、キャッチコピー、
見出し、ヘッドライン、etc、

使う場面などで
呼び方は色々ありますが、
集客に欠かせない、
超重要な存在ですよね。

「ココで惹きつけられなければ
 アウト!」

みたいな言い方をされますが、
その通りだと思います。

タイトルやキャッチコピーに
限った話ではありませんが、

言ってみれば、
集客・販促活動って、

・「欲」を刺激して
・「心」を動かして
・「次の行動」をさせるコト

ですよね。

前述のタイトル、
この辺りが絶妙と思いました。

・朝
 【課題】時間が無い

・朝食
 【課題】雑になりがち
 【理想】できれば
     シッカリとりたい
・15分
 【理想】時短。効率的。

・オシャレ
 【理想】カッコイイ。ステキ

そうなんです。
短いタイトルの中に
シッカリと

・「あるある」な課題と
・ソレの解決方法が
 ココにあるよ!

を表現しているのです。

しかも、刺激する欲求は

効率的・新しい・
知らないコトを知れる
(=成長)・
カッコイイ(=優越感)

などなど、
いくつもあるワケです。

コレがもし、

「15分で朝食作り」
「オシャレな朝食作り」

だけだと、
ダメとは言わないまでも、

魅力がダダ下がりな印象は
ありますよね。
( ̄▽ ̄;)

前述の通り、

タイトルやキャッチコピーに
限った話ではありませんが、

集客・販促活動に
取り組む際には、

あなたの商品が、

お客様の「どのような欲」を
満たすモノなのか、
キチンとチェックしてください!

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
http://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆コチラの記事、メルマガでも配信しています!
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。