スタッフブログ

集客ができるようになる!そもそもの課題解決策

2017年08月07日 ひとりごと スタッフブログ

昨日は、
ナンだカンだで20年以上の
お付き合いになる仲間
(その内の1人とは
 もう30年になります・・・)
と2年ぶり(?)くらいの
飲み会でした。

その中で、今さらながら
たくさんの「へェー」を
いただいたのが

保土ヶ谷のじゃがいもの話。

保土ヶ谷は幕末(開港時)から
終戦の頃まで、
種芋の名産地で、

保土ヶ谷駅から全国に
「ほどがや丸いも」
というブランド芋を
出荷していた

という歴史があります。
( ̄^ ̄)v

コレ、区役所の職員さんや
まちづくりに関わる人たちに
とっては、「ごく普通」に
知られているコトなのですが、

(前述の通り)
「ソレ以外の人」には
全然、知られていないんです。

コレ、ホントにホントに、
僕たちのビジネスと
まーったく同じですよね。

何はともあれ、
まだまだまだまだ

「知られていない」

というのが現実です。

何十年同じ場所で商売を
やっていようと、
知らない人は山ほどいます。

例えば、店舗型の商売の場合、

近所であっても
日常で使う通りでなかったり、
車でしか通らない道だったり、
店の前を通る時間がいつも
営業時間外で閉まっていたり、

だとか、
「視界に入らない原因」って、
たくさんありますよね。

前に聴いたコトのある話
ですが、

儲かっている商売と
そうでない商売の
1番の違いって、

品質でも価格でも無く

知られているかどうか、

言い換えるなら

情報発信の量

とのコトでした。

たしかに、
自分で分かっているコトって、
相手も分かっていると
(無意識に)
思い込みがちですよね。

「単なる売り込み」は
NGですが、
「良い情報」なら
ドンドン伝えるべき
ですよね!
(≧▽≦)

情報発信の重要性を
改めて感じました。

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
http://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。